tarouとhanakoの鳥撮り生活


by ruddys

カテゴリ:コマドリ( 7 )

とうとう、パソコンを




壊してしまった。




操作不能に陥り
お約束の強制電源断を行ったら
逝ってしまった。

7Dの動画とかの処理が
現状のパソコンではあまりに非力なため
そろそろ更新しようかと思っていたのですが
逝かれてみると寂しいなぁ。

問題は本体HDDに保存していた画像。
外付けHDDの保存画像を確認したら
7月までの画像は保存済み。
問題は8月の画像。
結局、これはあきらめてリカバリを実行することに。

リカバリはなんとかうまくいって
パソコンは動き出したのですが
ちょっと意外?なことが。

赤い子の最後の遠征(8月)の画像は
Cドライブの残容量がギリギリだったのでDドライブに保存していたのですが
なんとこれがリカバリ後もちゃんと残っていた。
奇跡!
というか、これって当たり前?
リカバリってHDD全体を初期化するんだとばっかり思っていましたが。

なんにしても
今期最後の赤い子の画像だけは残したかったのを諦めて行った結果だったので
とても嬉しい。



↓ 5D+435+TC-301s
e0154134_23115251.jpg
e0154134_2312126.jpg
e0154134_23123372.jpg




コマドリの幼鳥ですね。

1週間ほど前に行ってみたのですが
遊歩道を入って間も無く
笹薮から遊歩道へ飛び出して餌を探しながらピョンピョンと歩いていました。

三脚も立てられない程狭い遊歩道のところだったので
画像はピンボケブレ入りですが
サイズを小さくしてシャープを強めにかけて誤魔化しています。
3枚目は感度3200。(ノイズ除去処理後)


もうここまで降りて来ているんだ。
(ということはこのまま上っていっても空振りは間違いないなぁ。)


今回の山行きの目的はこのコマドリ幼鳥。
早々と目的達成してしまったのだが
遅れてついて来ているhanakoは姿も見ていない。

まあ、この時期のこのフィールドの状況を確認することも次回の参考になるだろうと
そのまま進むことに。


結果的には
コマドリはもう、全くいない。
鳴き声も気配も無い。


予想通りとなり
昼食をとった後、山を降りてきたら
遊歩道の足元下の笹薮から
なにやら強い威嚇声が聞こえる。

これってもしかしたら・・・。

hanakoも同じ気配を感じたようで
カメラ三脚を降ろし撮影体制に。

少し待ったら
ちょっと遠めの場所に現れてくれました。

↓ 5D+435+TC-301s
e0154134_232829.jpg
e0154134_23282118.jpg




↓ 7D+456LUSM by hanako
e0154134_23292549.jpg
e0154134_23294457.jpg




営巣中というよりも
恐らく巣立ち直後の幼鳥に
近づいてきた小鳥(ウグイス?)か何かを威嚇して鳴いたようです。


露出は感度をいっぱい上げられる7Dのほうが合っていますね。



こうして
今期最後?の山行きはまあまあの結果となりました。




で、パソコンなんですが
やはり購入することに。

windows7(64bit),core i7、メモリ8G、グラボ付・・・。

一見まあまあなんですが、安価物なのでちょっと冒険です。^^)/
[PR]
by ruddys | 2010-09-01 23:51 | コマドリ



この時期奥日光に来たからには
上がらずにはおられません。

小さな峠を越え
急な階段を登るとすぐに
コマドリがその遊歩道沿いで囀っていました。

じわじわと近付き
声の方向をしばらく探すと
ようやく見つけることができました。

↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_9581948.jpg
e0154134_9583340.jpg


枝葉被りは覚悟の上。まずは撮る事。
しかし、上の2枚目はもったいないですね。
せっかくの尾羽を扇状に広げて囀っていたのに前被りが残念です。

ちょっと移動して
e0154134_9594521.jpg
e0154134_9595741.jpg





hanakoは私が撮影している方向を探してなんとか見つけることができました。

↓ 7D + EF400mmF5.6LUSM by hanako
e0154134_1022993.jpg
e0154134_1024151.jpg
e0154134_1025245.jpg


このあとこのコマドリは森深くに移動し囀っていましたが
二度と遊歩道沿いに来ることはなかった。


まあ、なんとか撮れたので良しとしよう。
[PR]
by ruddys | 2010-07-30 10:05 | コマドリ

コマドリ




このコマドリは5月の撮影。


↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_712361.jpg
e0154134_7122889.jpg



ルリビタキの小集団に出会ったときにフィールドの端っこのほうでこそこそしていました。
[PR]
by ruddys | 2010-07-21 07:17 | コマドリ




「robinkirikari」は私達の最初のブログのタイトル名。


なんのことはない。

コマドリ(robin)が大好きで
その営巣地である奥日光のとある遊歩道で
なんとしてもコマドリを撮りたいと名付けた
そのまんまなのです。


重い機材を担ぎ
急な坂道を登って行く。

息も絶え絶えに目指す頂きに辿りつき
額の汗を拭い大自然の中で達成感に満たされる・・・。

なぁ~んてことは絶対にやっちゃあいけない。
そんなことをしてしまったら立派な人間になってしまう。
私達は絶対にそんな人間にだけはならないようにしようね、と
固く誓いあった根性無し夫婦だったのに
何故か、「robinkirikari」だけは毎年やってしまう・・・。(あぁ・・・)



いつものように
峠へ向かう車道から始まる遊歩道脇の駐車スペースに車を止め
機材とhanakoを降ろし
愛犬とともに下の温泉街の駐車場に向かう。

なんとか木陰の駐車場スペースを見つけ車を止める。
愛犬を軽く散歩させ
車の窓に日除けを施し
風が入るように全ての窓を少しだけ開け施錠する。



さあて行くか・・・。


hanakoの待つ場所は温泉街の真上。
ジグサグな急坂を登ってゆかなければならない。
登る途中、色んなことを考えて辛さを紛らすのだが
結局は圧倒的に押し寄せてくる体の辛さに負け
息も絶え絶え。

いっそ殺して。

なんでも白状するから。

辛ければ途中で休めばいいものを
何故私はいつも一気に登ってしまうのだろう。
やはりM?。(ミラーレンズを使う人と言う意味です。オソラク)


まあ、普通の立派な人達にとっては大したことのない登りなんでしょうが
しまいには這うようにしてhanakoのもとに辿り付いた。


hanakoが冷たい水を出してくれる。

私はこれから向かう遊歩道を眺めながら
(ふふふふふッ、今日のオイラはちょっと違うんだからな。ナメンなよ!)とニヤリ。

hanako : 「あれっ、お父さんのレンズそれだけ?」

私 : 「あっ、うん、そっ、そうみたいだね。家に忘れてきたのかなぁ・・・。」

今回の私のレンズはレフ500㎜だけ。
(hanakoより軽いのだよ。うふっ。)

こうして今までになく軽やかに遊歩道を上がって行く。
435のレンズに較べたらレフ500㎜は空気を担いでいるようなもの。

それはいいのだが
肝心なコマドリの囀りが無い。
やっと聞こえても遠く向かいの山から。
小さな峠を越えフィールド迄辿り着いても同様。
やはりここでも今年の夏鳥は出がちょっと遅いのかなぁ・・・。


フィールドを行ったり来たりしながらとうとう昼近くになってしまう。

こうなったら食べるしかない。

hanakoが用意してくれた昼飯を食べ始めたら

↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako
e0154134_20242375.jpg



ハイチュウのときもそうでしたが
何故鳥は私達の昼飯のときに突然現れるのだろう?

hanakoは今回はオニギリを諦め撮影に専念することができました。(2個目のおにぎりだったからだと思う)

e0154134_21374669.jpg
e0154134_2138634.jpg
e0154134_21382771.jpg
e0154134_21384585.jpg
e0154134_2139123.jpg
e0154134_21392593.jpg



同じような画像ばかりですが
更に私のほうも

↓ 50D+Reflex-Nikkor 500㎜ F8
e0154134_21443326.jpg
e0154134_21445190.jpg
e0154134_2145774.jpg
e0154134_21455517.jpg
e0154134_21461245.jpg



hanakoが一瞬別の枝に止まったシーンをしっかり撮っていました。
e0154134_2147448.jpg



最初の枝に戻って更にhanakoの分
e0154134_2148649.jpg
e0154134_21482149.jpg
e0154134_5283936.jpg




今回は午後まで居て
来てくれたのはこの1回だけ。

あとは待てどくらせど鳴き声すら聞こえない。

いつのまにか
雲が降りてきて雨の気配。

まあいいや。
とにかく撮れたのだから良しとしよう。


帰りは下り坂。

愛犬の待つ駐車場へ。
[PR]
by ruddys | 2010-06-14 22:10 | コマドリ

hanakoお手柄!





こうして
hanakoの7Dを首にぶら下げて遊歩道を歩いていたら
突然のコマドリの出現で
膝をやや曲げ覗くような前屈みの姿勢でコマドリをファインダーに捉えたのですが
それから後が大変だった。


このコマドリは今迄出会ったコマドリ中、最短距離。(3.5m程だったと思います。)
なので私がちょっとでも動くと即飛んでしまうはず。動いたらまずい。


コマドリをファインダーに捉えひたすらシャッターを押しながら考えていたのは
1.いつもなら後からついて来ているhanakoに「コマドリだ!」と必ず教えるはずも、今回は彼女は手ぶら。カメラ無し。教えてもしようがない、無視しよう。
2.hanakoよ、お願いだから不用意に「何撮ってるの?」、とか話しかけないでくれ・・・。近付くなよ。
3.シャッタースピードはどうなんだろう。手持ちだから画像はきっとブレブレだな。だがモニターで画像確認したら即、飛ぶな・・・。(げっ、SS1/60だっ。)
4.感度を上げるしかないなぁ。7Dの感度のボタンは何処? どっちのダイヤルで変えるんだっけ?
5.この姿勢は辛いなぁ、もう限界だ。そ~っとしゃがんで片膝立ちで撮りたい。でもちょっとでも変な動きをしたら飛び去ってお終いだな、きっと。

コマドリのほうも
私と目が合ってしまったせいか動きに動けずのようで
結局2分弱の時間、同じ枝に止まったまま。

あとで確かめてみたら
この間撮影した枚数は290枚弱。

後半は感度を相当上げたにもかかわらずブレが止まっている画像が少なかったのは
私のほうが同じ姿勢を保てずフラフラしていたせいだと思います。


コマドリはこの後、他からの音に驚いてあっけなく飛んでいった。



さて
このまま三脚無しで撮ってもブレブレ画像のオンパレードだろうし
私のカメラも必要なので
hanakoにカメラを渡し
「君の三脚とおとうさんのカメラ三脚を持ってくるから。コマドリが出たら撮るんだぞ。」と言い残して
車に大急ぎで戻った。


そしてhanakoの元に帰って
「コマドリは出たか?撮ったか?」と尋ねると
「一応撮ったけど手持ちだからきっとブレブレだよ。」とのこと。


帰宅してさっそくその画像を確認したら

↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako
e0154134_17142544.jpg
e0154134_17144074.jpg
e0154134_17145232.jpg



なんと
確かにコマドリを撮ってはいるが
これは♀さん!(私が撮ったのは♂)

コマドリの♀は証拠写真にもならないようなのを昨年撮ってますが
はっきり♀と認められる画像は初めて。
勿論hankoも♀は初撮りです。
嬉しいなぁ。



そして、それだけではなかった。
[PR]
by ruddys | 2010-05-17 17:44 | コマドリ

今年の春が




かなり寒かったせいなのか
県北の森の夏鳥は
イマイチ元気が無い。


とりあえずはサンショウクイが撮れたので満足でしたが
それ以外に撮れた鳥さんはオオルリ、キビタキくらい。

実はサンショウクイの次ぎにクロツグミを撮りたかったのですが
姿は見れども撮影までには至らず。


ならばと
この時期は一度も行ったことがない遊歩道を捜してみようと
歩いていたら
なにやら小鳥が私の脇を通り越して
前方の枝に止まった。


ファインダーで覗いて見ると





↓ 7D + EF400mmF5.6L USM(以下全て)
e0154134_22141899.jpg



いやあ、ビックリしたなあ。

コマドリなんだもの。


実はこのときは7Dを三脚から外し
首に掛けて持ってきていた(hanakoに持たされていた)。
なので手持ち撮影。

マニュアルフォーカスは手持ちではちょっと厳しいので
親指AFにて撮影。


コマドリが止まった枝はとても暗い場所。
SSは1/80秒くらいしかでていない。

3連写したら即感度を上げて更に連写、の繰り返しで
最終的には感度は20005000迄上げていた。


e0154134_22241415.jpg
e0154134_22242616.jpg



e0154134_22245199.jpg
e0154134_2225350.jpg
e0154134_22251617.jpg
e0154134_22252953.jpg


(最後が感度3200、それ以外は感度2000。全てノイズ除去処理。)


もうひとつ3200追加
e0154134_6114474.jpg



そして感度5000
e0154134_6122532.jpg





それにしても困ったなぁ。


こんなんでは私達の夏鳥がすぐに終わってしまう。


ほんと困ったなぁ・・・。
[PR]
by ruddys | 2010-05-10 22:34 | コマドリ

山へ!




サンコウチョウ、コルリと順調に撮れてる勢いで
そのまま山行き。




この日の天気は上々
空気がどんどん乾いているようで
汗ばむこともなく
意外に軽やかに進んで行く。




ただ、辺りで鳴いているのはウグイスとムシクイだけ。
あの子の声は未だ聞こえない。
やはりちょっと早かったかもなぁ・・・。



(; ̄ー ̄)...ン?、前方の狭い石段のところに鳥が居る!

↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_22353554.jpg


ウグイスかムシクイ?、どうも違うような・・・。


人一人通れるだけの道幅で三脚が立てられない。
無理矢理差三脚を斜めに立て、爪先立ちでなんとかファインダーを覗くと
その鳥はもうその先の石段を上っている。

ようやく姿を捉えると

e0154134_22434556.jpg



こっ、これはコマドリ!
それも♀さん!

♀さんに会えたのは初めて!

e0154134_22485228.jpg



e0154134_2252830.jpg
↑ この姿を最後に


e0154134_22493211.jpg
↑ 消えてしまった。




まっ、まあいいさ。
今回のお目当てはコマドリ。
そのコマドリが居るのがわかっただけで良しとしよう。
鳴かない♀では難しい。
♂を目指して先を急ぐべきだ。




ところがその先は
昨年一杯撮ることができた場所も
毎年必ず此処ら辺には居るはずの場所にも
全然コマドリの気配が無く
とうとう最終地点近く迄来てしまって

(今回は駄目か)、と諦め感がジワジワと・・・。



すると突然、その最終地点付近からコマドリの囀りが!

おおっ、居てくれたか!
そこで私は慌てず騒がず、遅れてついて来ているhanakoの到着を待ち
二人してその最終地点へ。


むふふっ、案の定hanakoが見つけてくれた。^^)/

↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s(以下、全て)
e0154134_233084.jpg
e0154134_2331180.jpg



さあ、どんどん行きますよ。^^

e0154134_2319898.jpg
e0154134_23192074.jpg
e0154134_23193283.jpg




↓ この子のお気に入りの枝のようで
e0154134_23221630.jpg
e0154134_23223091.jpg
e0154134_23224739.jpg
e0154134_2323141.jpg
e0154134_23231778.jpg



↓ これっ、今回の一番!(これで囀っていてくれたら最高なんだけど)
e0154134_23242952.jpg



こちらを向いて、
尾羽を扇型に広げて立てて、
大きく嘴を開けて囀っている
アイキャッチ入りのコマドリさんが
究極の目標なんです。^^


e0154134_23251633.jpg
e0154134_23252862.jpg
e0154134_23255027.jpg
e0154134_2326442.jpg
e0154134_23262244.jpg
e0154134_23263881.jpg
e0154134_23265327.jpg
e0154134_23271612.jpg




最後は場所を変えて
e0154134_2328926.jpg
e0154134_23282356.jpg
e0154134_23283529.jpg






次回はhanakoの分を。
(もしかして予定変更するかも)


^^)/
[PR]
by ruddys | 2009-06-12 23:49 | コマドリ