tarouとhanakoの鳥撮り生活


by ruddys

カテゴリ:アカショウビン( 11 )




以下、私の撮影分です。



↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_9552336.jpg
e0154134_957378.jpg
e0154134_9575559.jpg
e0154134_9584561.jpg
e0154134_9592324.jpg
e0154134_10066.jpg
e0154134_1002991.jpg




一杯撮った割りには
ピンずれが多く大したものはありませんでした。




大変な人気の子ですが
無事に営巣育雛が終わって旅立って欲しいですね。


来季も又ここで出会えるのことを願って・・・。
[PR]
by ruddys | 2010-08-26 10:12 | アカショウビン



引き続きhanakoの分です。



↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下全て)
e0154134_9111117.jpg



今回の一番近い位置に止まってくれた分です。



7Dは購入当初、カメラ内のノイズ除去処理を標準にしていて
それがどうも塗絵的になってしまうのが気に入らず
以後、カメラ内ノイズ除去を「しない」に変更して使っていたのですが
ちょっと思うところがあって前回撮影時にノイズ処理を「標準」に戻し
今回もそのまま。

そのため
結構近くに止まってくれた赤い子ですが
いま一つ羽毛の状態が写っていません。
嘴のエナメル的質感も同様。
等倍で見て既にこれらの部分が潰れていますからどうしようもない。
やはりノイズ除去は「しない」にするのが良いようです。
hanakoには申し訳ないことをしました。


せっかく近くで長い時間止まってくれたのですが
「なにか芸をしてよ!」とか
「♀さん連れといで!」とか言う
バカオヤジが居て(私のことです)
赤い子もホント、大変です。



e0154134_9253499.jpg
e0154134_9263381.jpg

e0154134_9281049.jpg
e0154134_9342981.jpg



でもまあ、言ってみるもんですね。
「伸び」ポーズをサービスしてくれたのをhanakoがしっかりと撮っていました。




このあとは
ちょっと遠目の枝に止まって
e0154134_9302771.jpg
e0154134_930439.jpg



このときは
私ら夫婦の他、お二人のカメラマンの合計4人で撮影していたのですが
かなり飽きてきていて
最後の画像の枝に止まっていた赤い子をそのまま置き去りにし
全員撤収してしまったのでした。


「なんてもったいないことを!」と
赤い子を撮りたい人達からは怒られてしまうなぁ、と思いつつ
帰途へ。



次回は私の分ですが大した画像はありません。m( __ __ )m
[PR]
by ruddys | 2010-08-24 06:48 | アカショウビン



今季の赤い子は
初回遠征はなんとか撮る事ができたのだが
それ以降は完敗の3連続となっていた。

1ヶ月に2回のペースで行っているわけだから
ちょっと病気気味かもねぇ。
赤い子の放つ引力に「なにしてもいいのよ」と無抵抗で吸い寄せられていた私達でした。

流石に4回も行ってしまうと
一度だけでも撮れたのだから今季は1勝3敗でお終いにする、としていたのですが
そこになんと突然の関西行きが決定。

関西はいつもなら新幹線なのですが
よく考えてみるとこれを車にした場合、
混雑する東京を避け北関東→上信越→中央道→名神の迂回コースとなる。
(直線的な東京経由よりも距離的には多くなるが時間的にも料金的にも経済的なのだ。)

これは決定的だよなぁ。
この車での迂回コースだと赤い子の地の近くを掠めて通る訳ですからねぇ。
殆んど遠征費用無しに行けるようなものだし。( ̄m ̄ ふふふ)
(但し、運転がかなりのハードスケジュールになるけどね。)


という訳で
又しても赤い子の地へ行ってしまったその言い訳を
だらだらと書いていた訳です。m( __ __ )m




一生懸命頑張って関西での用件を1日早く片付け
そのまま眠い目をこすって運転してきたその結果は果たして?





↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下全て)
e0154134_11322877.jpg
e0154134_11324712.jpg




赤い子は育雛に入っていて巣穴周辺には近寄れず。
そのエリア外の予想外のところにあった餌場で
結果的には撮り放題となりました。
e0154134_11572841.jpg
e0154134_1158794.jpg
e0154134_11582420.jpg
e0154134_1222695.jpg



遊歩道からそれほど遠くない枝に止まり
まったりとしたり餌を獲ったり
獲った餌を巣穴に運んだ後程無く戻って来ての繰り返し。
枝から飛んでも遊歩道沿いを少しだけ。

そんなわけで
2時間以上、間断なく撮影できました。
e0154134_1144640.jpg
e0154134_11442999.jpg
e0154134_11451078.jpg
e0154134_11472024.jpg





残念だったのは二つほど。
餌場は暗く感度を上げざるを得ずそれなりの画像となったこと。
そして♀さんはここには現れなかったこと。




e0154134_11475231.jpg
e0154134_11523233.jpg
e0154134_11531635.jpg
e0154134_11545346.jpg




hanakoの画像は
次回も続きます。
[PR]
by ruddys | 2010-08-23 07:04 | アカショウビン


「その2」は私のほうの画像。


↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + シグマAPOテレコン2×(以下、全て)
e0154134_11375479.jpg
↑ これはトリミングしていません。これぐらい高い位置だったということで。


以下はトリミング
e0154134_11384962.jpg
e0154134_1139612.jpg
e0154134_11392826.jpg
e0154134_11394427.jpg


このときはアカゲラのご夫婦が飛んできて近くの枝に止まり
これを嫌ってか飛び去ってしまったのだった。
巣穴の奪い合いとかで仲が良くないのかもね。



そして第二の遭遇
e0154134_11452148.jpg
e0154134_11453748.jpg
e0154134_11455087.jpg


↑の3枚目の飛び出し画像。
5Dの秒3コマではこんなもんです。
それでも諦めきれずサイズを小さくしてシャープをかけてもこんなもんでした。


この画像を見て

hanako : 「(≧m≦)ぷっ!、ちっちゃいのね。o(*^▽^*)oあはは♪」

私 : 「オッ、オマエ、そっ、その言葉だけは亭主に言っちゃぁいけねえんだぞ。ク~~~ッ・・・・。」

レフ1000㎜まで使っての大きい病の私に対して言っちゃあいけない言葉という意味です。
他意はありません。(たぶん)


冗談?はともかく1枚目と2枚目の画像を見て頂ければ判り易いと思いますが
飛び出し狙いでピンを前に持ってきています。
残念ながらhanakoもそうでしたね。(余計なこと教えなきゃ良かった。^^)



e0154134_1232026.jpg
↑ テレコンをTC-301sからシグマAPOテレコンに換えていましたのでパープルはかなり少なくなっているようです。



e0154134_1233151.jpg
e0154134_1234815.jpg
e0154134_124787.jpg
e0154134_1242482.jpg



この子は上嘴の左に傷がありますね。
前年の子もそうだったような気がして前年の画像を確かめましたが
確定できませんでした。



次回は他の鳥さん達を、たぶん。



m( __ __ )mm( __ __ )m
[PR]
by ruddys | 2010-06-10 12:22 | アカショウビン

悪事の企み?なのか、怪しい夫婦の会話。


私 : 「まだちょっと早いんじゃないかな。昨年は中旬だったし、今年は夏鳥が全体に遅い感じだし・・・。」

hanako : 「中旬に一杯撮れたってことはその前からずっと居たってことだから大丈夫だよ。もう、休み変えられないし。」

私 : 「まあ、そうなんだけどネット上に殆んど画像が出てないからなぁ。現地の情報でもこのところ出が悪いみたいだよ。」

hanako : 「なんとかなるよ。他の鳥も一杯いるし。それより準備ちゃんとやってよ。電池大丈夫?」

私 : 「へいへい、万事怠り無く準備中であります。」

hanako : 「ホントかなぁ・・・。」



行くことが既に決まっているのに
毎度グチグチ言ってしまうのは私の自慢の性格なのだ。<(`^´)>エッヘン



<初日>


こうして予定通りに出発。
そしてまだ暗い日曜の早朝に駐車場に無事に着。
予想通り既にたくさんの車が止まっている。

日曜を初日に選んだのは多くのカメラマンの皆さんから現地の情報を貰うため。
「よしよし」とニンマリしながらさっさと仮眠。


ひっきりなしに車が入ってくる音に目を覚まし時間を見るとまだ午前4時前。

車外に出ると
もう皆さん出撃の準備を黙々と行っている。

私はいつものように愛犬の散歩をすませ
湯を沸かしコーヒーを淹れ
hanakoを起こし軽い朝食をとる。

辺りは次第に明るくなり小鳥の囀りがうるさいくらいなのだが
残念ながらcoroちゃんの声は聞こえない。

天気は上々。
というかこの地で晴天は今回が初めて。
雨鳥らしいしこんなんで大丈夫かいなと少し不安。

そのままフィールドへ。


橋を渡り真っ直ぐに目当ての場所へ向かう。


昨年、初めてこの地に来たときは
この道の半ばでもう鳴き声が聞こえ
高い木の上の枝に止まるcoroちゃんを難無く初撮りできたのだが
今回はまったく鳴き声は聞こえない。


このあと一昨年の営巣地へ向かう。
辺りはカメラマンで一杯。

ミソサザイがうるさく囀ったその直後
若いカメラマンの方が「今、鳴いていましたよね。」と誰ともなく呟く。

hanakoはそれを聞いて必死に耳を澄ましている。

そして
「お父さん、鳴いてる!、鳴いてるよ!」

その頃には私の耳にも聞こえてきたのだが
なにしろ遠くの彼方の微かな鳴き声。
よくもまあ、あの声を捉えたものだ。
若いカメラマンの方に尊敬の眼差しを向けると
気持ち悪そうにして鳴き声のほうに向かって行った。
どうやらフィールドの更に北のどこかで鳴いているようだ。

すると
鳴き声が東方向に移動してゆく気配。
そして鳴き声がぷっつりと途絶えた。



これでお終い。



初日はこれっきり。



coroちゃんは気配を消した。



しようがなく今回の餌場という場所で待機することにし
情報収集をせっせと行う。


先週の土曜日はその餌場で撮り放題だったのが
どういうわけかそれっきり姿を現していないとのこと。

一部に声を聞いたとの情報もあるようだが
その後撮れたという人の噂は聞こえてこないそうだ。

夕方までその餌場でねばりそのまま終了。
殆んどシャッターは押さず。
メモリーカード切れに備えノートブックを持ってきていたのだがこの始末。
欲を出すとこんなもんだぁ。(ああぁ・・・)


そのまま二日目に備え車中泊。




<2日目>


初日は暗くなってまもなく寝たのだが
長い時間眠ったことのない私は
24時過ぎに目がさめて車外へ。


見上げると満天の星空。


初日のあまりの不出来に
思わず星に願いを。


(どうかピンボケ写真でいいからhanakoに千枚程撮らせてやって下さいませ。
私のことはいいんです。1枚だけ。たった1枚だけ今回の最高傑作があればそれでいいですから。)


1000対1程の自己犠牲で嫁を思う自分にうっとりとしてそのまま再度爆睡。



2日目の朝。

いつものように二人で準備を整えていると

hanako : 「お父さん、鳴いてるよ。coroちゃんが鳴いてるよ。聞こえない?」

私 : 「・・・・・・・・・・・・・」

耳を澄ますと確かに鳴いている。

それも少しづつ近付いてくる気配。


私 : 「この場所で鳴き声が聞こえるってことはフィールド内の何処かだ。急ごう!」

急いで駐車場から下りフィールドに入り

私 : 「どっちに行こうか?。オイラは左に行こうと思うが。」

hanako : 「(きっぱり)真っ直ぐ!。真っ直ぐ行こう。」


とりあえずは真っ直ぐに行くことに。

鳴き声がだんだんと大きくなってくる。

どうやらフィールドの北際辺りで鳴いているようだ。

遠くその辺りで待機していたカメラマン数名が左のほうへあっと言う間に移動し消えた。

このときには私とhanakoはもうマラソン状態。

北際まであと1/3という辺りで鳴き声がこちらにグングン近付いてくる。

立ち止まり耳を澄ます。

すると私のすぐ前の高い木に止まった様子。


私 : 「この木だ!この木だよ!」

hanako : 「違うよ。もっと先だよ。」

hanakoはどんどん前に行ってしまう。

(こっちだよ。バカやろう、テメエ!)と大声を出したいのだが飛ばれてはなんにもならない。


後ろを見ると数名のカメラマンが急いでこちらに近付いてきている。

私 : 「この木の上だと思うんですが・・・。」

皆さん、一斉に探してくれる。

そして間も無くその中のお一人が見事に見つけてくれた。

撮影開始!


私達が撮影を始めているのを見止めたhanakoが急いで戻ってきて


↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下、全て)
e0154134_1695178.jpg
↑ これはリサイズのみでトリミングしていません。


e0154134_16233384.jpg
↑ 一枚目を75%にリサイズしてからトリミングしたもの。


以下はトリミング
e0154134_16243349.jpg
e0154134_16245056.jpg
e0154134_1625985.jpg



こちらを向いてくれて
e0154134_1626542.jpg
e0154134_16262326.jpg




coroちゃんはこの後飛び去り今回の一回目の遭遇終了。
(一枚目の撮影は4時55分でした。)


私達は飛び去った方向に急ぎ足で追いかける。

ところが
一昨年の営巣場所にも今回の餌場にも現れない。
鳴き声もぷっつり途絶えた。


ならばと
私とhanakoはいそうな場所を探しにフィールドを廻ることに。

まず北際手前から右手の牧場方向へ。(気配無し)
次ぎは北際を更に進んで階段手前のトイレ前の小道を左に。
この小道は上り坂。
しばらく行くと急な上り坂となっていた。
私とhanakoは目を合わせさっさと回れ右。
根性無しの夫婦には「急な上り坂」という世界は存在しないのです。


そして北際まで戻ってきて
右手の方向に向かうことにする。

程無く一昨年の営巣地への曲がり角。

私 : 「このまま進んで今回の餌場に行こうよ。」

hanako : 「えーぇ、ここ曲がって一昨年の営巣地に行こうよ。」

私 : 「へいへい。」

素直な私はhanakoの望む道を選ぶ。


そしてその場所が見えてくると

カメラマンが10名程

シーンとはりつめた静かな緊張感で一斉に撮影してる。

(仕事もそれくらい集中するとさぞや・・・)ってくらいの雰囲気。


私もhanakoも一目見て状況を理解。

端っこに混ざって姿を捜そうとしたら
中央付近で女性達が私に手招きしている。

その方達は大阪からcoroちゃん狙いで来られ前にこの地の情報交換をさせて頂いた方。


その方 : 「私らもう撮ったから。ここから撮れますよ。」とのこと。


これっ!、これだよなぁ。

「もう自分は撮ったから場所を交代してあげる。」

これが最高のマナー!
流石は秀吉さんの地の女性達。
現れて間も無くのことなのになんとも凄い。

お言葉に甘えて撮影させてもらいました。


↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下、全て)
e0154134_17134450.jpg



ようやくまともなサイズで撮れました。(感謝、(^人^)感謝♪)



e0154134_1715825.jpg
e0154134_17153411.jpg
e0154134_17155612.jpg
e0154134_17161274.jpg
(前年もこの木に止まっているのを撮っていますので同じ子なんでしょうね。前年の6月と10月の記事にあります。)


↑ この飛び出しは今回の私らの最高傑作。

どうやら私はこの地の星空とは相性が悪いようです。


勿論、hanakoが最高傑作を撮れて「心から」喜んでいます。
ホントです。( ̄‥ ̄)=3 フン


残り。
e0154134_17215422.jpg
e0154134_1722832.jpg
e0154134_17222414.jpg



e0154134_17224195.jpg
e0154134_17225619.jpg
e0154134_17231453.jpg



最後は縦構図にトリミングしたもの
e0154134_17234976.jpg




というわけで
大阪から来られた女性カメラマンの皆さん、本当にありがとう。
又、何処かの空の下で。(できれば大阪城公園で) ^^)/


(当初事情があって撮影地を明記していましたが事情が叶ったので撮影地名は削除しました。)
[PR]
by ruddys | 2010-06-09 16:34 | アカショウビン



アカショウビン遠征3回目は

日出ずる国の長老からの電話で決まった。



長老 : 「明日、行くの?」

私 : 「行きたいけど、先週行ったばかりだし・・・」

長老 : 「何言ってんの。来年は来ないかもしれないよ。後悔するよ。」

私 : 「わっ、わかりました。行きましょう、行きますとも。」



そして翌日の明け方前、現地に着くと
もうすでに長老の車が駐車場に止まっている。

(ホント、元気だなぁ。敵わないなぁ。^^)


こうして
この日の撮影が始まった。



しばらく新しい巣穴の場所で待っていたのだが
お昼近くにようやく来てくれて
↓30D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_15341936.jpg



このときにはもうカメラマンが大勢陣取っていて
♂が巣穴付近を盛んに動くものだから
皆さんそちらに気をとられていたのだが


ふと私の手前側の枝に鳥さんが止まっていることに気付く。
カメラを向けてみると
↓30D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_15364641.jpg

↓30D+Reflex-Nikkor 500㎜ F8 N + TC-14BS by hanako
e0154134_15563342.jpg
e0154134_15565436.jpg


ナント、待望の♀さん!!!
(♀さんはお腹の部分が白っぽいですね。)



ちょっと「年増のお姉さん」風ですね。^^
e0154134_15383587.jpg

↓30D+Reflex-Nikkor 500㎜ F8 N + TC-14BS by hanako
e0154134_1558726.jpg
e0154134_15583064.jpg




別の枝に移って
↓30D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_1543538.jpg
e0154134_15432081.jpg
e0154134_15434156.jpg
e0154134_15435495.jpg

↓30D+Reflex-Nikkor 500㎜ F8 N + TC-14BS by hanako
e0154134_15593376.jpg
e0154134_15594552.jpg
(完全に私のほうが露出が間違ってますね。)



同じ枝に止まっているのですが
私達が位置を移動して
↓30D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_1545342.jpg
e0154134_15453612.jpg
e0154134_15463100.jpg
e0154134_15462087.jpg
e0154134_15463221.jpg

↓30D+Reflex-Nikkor 500㎜ F8 N + TC-14BS by hanako
e0154134_1602073.jpg
e0154134_1603153.jpg
e0154134_160414.jpg




そしてようやくご夫婦のツーショット!
↓30D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_1548486.jpg

↓30D+Reflex-Nikkor 500㎜ F8 N + TC-14BS by hanako
e0154134_161682.jpg




↓30D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_15493792.jpg
e0154134_15495724.jpg
e0154134_15501512.jpg
e0154134_15502752.jpg
e0154134_1551838.jpg
e0154134_15512432.jpg



この夫婦の巣穴の枯木は
後の風雨により
あえなく倒壊。



とても残念ですが
懲りずに
来年も来て欲しいものです。



素晴らしい夏を
ありがとう。^^)/ ^^)/
[PR]
by ruddys | 2009-10-05 16:20 | アカショウビン

私達の「2009年 夏」



は、
なんといっても
アカショウビン。



この子の初撮りは最高に嬉しかったはずなのに
アップできた画像は
3回通ったうちの
前半の1回半のみ。




ここに来て
ようやく
遠征後半の
画像をいじることができて。(´▽`) ホッ





遠征2回目のこの日は
新しい巣穴の前に陣取ってはみたものの
あの子の近づく気配は無く
ならばと
いつものように
捜しに出かけたのだった。


そして門の前まで来たのだが
あの子は現れてくれない。


しょうがないので
付近の遊歩道を歩いていたら
この子が

↓30D+シグマ170-500㎜ by hanako(以下、全て)
e0154134_14334888.jpg



キビタキ♀さんのようです。


近くに巣があるのか
さかんに私達を牽制する。

遠ざかったり近寄ってきたり。

e0154134_14354559.jpg
e0154134_14355419.jpg




しばらくこの子と遊んだことが
幸運を招いたようで

そのあと
昨年の営巣場所の近くに向かうと
雨の中でカメラ三脚をセットしようとしている人が・・・。

私 : 「(ヒソヒソ) アカショウビンですか?」

その方 : 「(ヒソヒソ) はい。あそこの枝に止まってますよ。」


e0154134_14433613.jpg
e0154134_14434789.jpg
e0154134_1444086.jpg




このときは
本当に嬉しかったなぁ。

ほんの1~2分早くこの場所に来ていたら
この方とは間違い無く
もう少し先の遊歩道で擦違っていただけのこと。





この子は少しづつ私達に近づいて来て
e0154134_14494210.jpg
e0154134_1450054.jpg
e0154134_14501357.jpg
e0154134_14502617.jpg
e0154134_14503830.jpg




昨年の営巣場所近く迄飛んで来て
e0154134_1456541.jpg



そして
私達が早朝から陣取っていた
あの巣穴の方向に飛び去っていった。



私達も急いで戻ってみると
程無く現れて
e0154134_14595656.jpg
e0154134_1503082.jpg
e0154134_1505060.jpg




以上の画像は全てhanakoがシグマ170-500㎜で撮ったもの。


あの暗い雨の中。
よく撮れるもんですね。
感心感心。


m(_ _)m
[PR]
by ruddys | 2009-10-05 15:05 | アカショウビン

悲劇は突然に!





そろそろ雛が孵る頃かもと

楽しみにしていた

あの赤い子の巣の木が

倒れたとの情報がネット上に。



卵は4個あったとのこと。



とても残念ですが

これも自然。



以下は2回目の赤い子遠征のときの画像。


↓30D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_23484365.jpg
e0154134_2349025.jpg
e0154134_23491314.jpg



この日は
その巣の場所に早朝から陣取ったのですが
赤い子は近く迄飛んできて高い木の上で20分程鳴いたあと
そのまま何処かに飛び去った。

しばらく待ったのですが
とにかくじーっと待つのが苦手な私は
前回の場所へ赤い子を捜しに行くことにしたのでした。

そして上の写真の場所でようやく赤い子を見つけて
なんとか撮れてヾ(〃^∇^)ノわぁい♪




この場所は餌場のようで
一枚目の写真の枝から地面に降りたりしていました。


その後、ここを飛び去り
その倒れてしまった木の手前のお気に入りの止まり木に止まって
しばらく鳴いてくれたのでした。

e0154134_23582738.jpg
e0154134_23583876.jpg
e0154134_2359526.jpg
e0154134_23591934.jpg



再挑戦は有るのでしょうか。

時期的にはかなり厳しいか。

来年が心配ですね。
[PR]
by ruddys | 2009-08-02 00:10 | アカショウビン
↓30D+Reflex-Nikkor 1000㎜ F11
e0154134_548821.jpg
e0154134_5482575.jpg
e0154134_5485072.jpg




この鳥は
私達夫婦にとっては憧れの鳥。

いつの間にか
この鳥を撮ったらもう鳥撮を止めてもいいね
みたいな位置付けになっていました。


↓30D+Reflex-Nikkor 1000㎜ F11
e0154134_5575536.jpg
e0154134_558816.jpg



今回
この鳥を大急ぎ?で撮りに行ったのは
そろそろ
この趣味も一旦お仕舞いにする時が
近づいているから。


それが
こんなに簡単に撮れたものだから
ちょっとコマってしまう。^^


何回か探し回って
ようやく撮れて
メデタシメデタシ
で終わることを予定していたもので。


そんなわけで
もうちょっと続くのです。


今後はフィールドノート的な書込みではなく
この5年程の写真趣味全般の想いみたいなものを
つらつら書き込めたらと良いなぁと思ってます。



↓30D+Reflex-Nikkor 1000㎜ F11
e0154134_629095.jpg
e0154134_630611.jpg




m(_ _)mm(_ _)m
[PR]
by ruddys | 2009-06-21 06:34 | アカショウビン



今回は(も?)hanakoのほうの画像が良い感じ。

↓30D+シグマ170-500㎜ by hanako (以下、全て)
e0154134_6305833.jpg
↑ これは私のと同じシーンですね。おんなじように撮れていますが余計な前ボケ枝が無い分良いですね。


e0154134_6325880.jpg
e0154134_6331691.jpg
e0154134_633321.jpg



e0154134_63543.jpg
e0154134_6351964.jpg
e0154134_6354271.jpg
e0154134_6355691.jpg
e0154134_6362356.jpg



私ら二人は初めてこの地を訪れて
フィールドに入ってほどなくこの子をゲットしていますが
中にはようやく3回目で証拠写真が撮れたと喜んでいる方もいました。
鳥撮運の良さは続いているようです。


意外だったのはhanakoはこの子の鳴き声を知らなかったこと。
マイフィールドのこの子の居そうな場所では
私が真似て口笛を吹いていたのですが。


hanakoにとてもイライラしたのは
この子を見つけたらさっさと撮ればよいものを
他の方に場所を教えるのに一生懸命。
(ホント私の血圧は相当上がっていたはずです。^^)

そ~っとhanakoに近づいて

私 : 「オシエナクテモ トリダセバ ミンナキヅクカラ サッサトトレヨ!(ヒソヒソ)」

hanako : 「(フンッ!)・・・・・・。」

あ~~~ぁ、言ってしまった後の自己嫌悪が私の心にどど~っと・・・。(ノ_・、)シクシク


そうでなくてもこの日の私は絶不調。
眼鏡を新調したせいだと思う。
新調して即この日実戦投入したのが裏目に。
ピンが合っていると思ってシャッターを押した画像を確認するとピンボケ。
もうちょっと眼鏡に慣れてから本番投入すべきでした。


hanakoは頑張ってました。
e0154134_6522861.jpg
e0154134_6523923.jpg
e0154134_653618.jpg
e0154134_6562071.jpg
↑ この辺からレンズをレフ500㎜に変えてますね。



一生懸命このシーンのベストショットを目指して繰り返し撮っていました。
↓30D+Reflex-Nikkor 500㎜ F8 N by hanako
e0154134_6572147.jpg
e0154134_6573548.jpg
e0154134_6575147.jpg
e0154134_658620.jpg
e0154134_6582232.jpg
e0154134_6583477.jpg
e0154134_6584637.jpg
e0154134_659172.jpg
e0154134_6591473.jpg
e0154134_6592553.jpg
e0154134_6594581.jpg
e0154134_6595895.jpg
e0154134_701288.jpg
e0154134_702690.jpg
e0154134_70441.jpg



ちょっと別なシーンも入れて
e0154134_751978.jpg
e0154134_753176.jpg



再びちょっとだけ
e0154134_76149.jpg
e0154134_761291.jpg
e0154134_762632.jpg




ええいっ、ここまで来たら全部アップしてしまおう。
e0154134_79750.jpg
m(_ _)m
e0154134_792134.jpg
e0154134_793668.jpg
e0154134_795123.jpg
e0154134_710683.jpg
e0154134_7102234.jpg
e0154134_7103533.jpg
e0154134_710474.jpg
e0154134_711973.jpg
e0154134_7112624.jpg



廻りは大砲レンズばかりで
液晶モニターで拝見すると鮮明な素晴らしいショットが沢山。

hanakoのカメラレンズは比較するのも可哀想なくらいの機材ですが
しっかり撮ってますね。
我が相棒ながらかなり尊敬してしまいます。^^)



最後まで見て頂いて本当にありがとうございました。m(_ _)mm(_ _)m


次回はちょっとだけ?私の分をアップする予定です。
[PR]
by ruddys | 2009-06-19 07:17 | アカショウビン