tarouとhanakoの鳥撮り生活


by ruddys

カテゴリ:ムギマキ( 2 )




hanakoの分です。


↓ 7D + EF400mm F5.6L USM + EXTENDER EF1.4X II by hanako
e0154134_22372182.jpg
トリミング。もろ被りです。


↓ 7D + EF400mm F5.6L USM + EXTENDER EF1.4X II by hanako
e0154134_22384380.jpg
e0154134_22392954.jpg
e0154134_2240641.jpg
e0154134_22403424.jpg
e0154134_2241472.jpg
↑ ホバリングしています。羽ばたきが7Dの連写とシンクロしちゃってます。



以下からは翌日分。

2日目は近いほうの木に頻繁に出てくれました。

↓ 7D + EF400mm F5.6L USM + EXTENDER EF1.4X II by hanako
e0154134_22424566.jpg
e0154134_22432426.jpg
e0154134_22434524.jpg
e0154134_22441327.jpg
e0154134_22443713.jpg
e0154134_2245027.jpg


最初は1時間置きくらいに出てたのが後半は30分置きくらいに出てくれたのですが
シャイな性格は変わらず殆ど枝の中ばかり。
しかもじっとしてくれず、ホント撮影し難いムギちゃんでした。


ついでに私の2日目の分。


↓ 40D + Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF) + TC-301s(以下、全て)
e0154134_22544871.jpg
e0154134_22551772.jpg
↑ これは朝一番のもの。暗くて感度を上げています。


e0154134_22581495.jpg
e0154134_22583931.jpg
e0154134_22585421.jpg
e0154134_22592577.jpg
e0154134_2259525.jpg



まともなものは無し。

でもまあ、ムギマキは可愛いので許す。


悔しいのはこれ↓
e0154134_2323144.jpg
e0154134_23325.jpg
e0154134_2332491.jpg
e0154134_2335820.jpg


せっかく被りの無い枝に止まって比較的長くまったりしてくれたのに
年甲斐もなく焦ってしまって
ピンが甘くブレもあってしっかり撮れていません。


嬉しかったのはこれ↓
e0154134_237174.jpg
e0154134_2371563.jpg
e0154134_237314.jpg


1時間から30分程のインターバルをおいて出てくれたのですが
その出現と消えてゆくパターンから推理し
消えている間は絶対この辺にいるはずと双眼鏡で探したら
やはり居ましたね。

被っているのも構わず撮ってみました。

目が合っちゃってますね。^^)



次回はその他の鳥さんを。
[PR]
by ruddys | 2010-10-23 23:12 | ムギマキ

ムギマキに会いたくて



今年も行ってしまいました。

今年「も」というのは
実は昨年も初のムギマキ狙いで行っています。
このときは
ムギマキだろうと思われる個体をファインダーに導入したものの
シャッターを押す寸前に飛ばれてそれっきり。
結局、他の鳥さんすら殆ど撮ることもなく大惨敗で帰ってきたのでした。


今回も
ムギマキ情報が全く無いまま
遠征日だけは事前に決定していて
前回以上に無謀な計画と思われたのですが
幸い、数日前に
「ムギマキは入っているようですよ。」との嬉しいメールを頂き
安堵しながらの出発となりました。



夜が更けてから家を出る。

予報では天気は上々。
十日夜の月が
私たちを導くかのように
向かう先に輝いていた。
(大儀!)

そういえば
この時間、月は私の星座の中にいるはずで
全ては勝ち戦に向かっているような。(ΦωΦ)フフフフフ…


ところが
現地にあと少しのところ迄来て
雨が降り出した。
(ヾ(゚Д゚ )ォィォィ、何なんだよ・・・。)

予定時間通りに現地に着いたものの
勝ち戦気分はすっかり消え失せて、

やけっぱちの寝酒を少々の後、爆睡。


夜が明けて
雨はなんとか上がってくれた。


フィールド内からはアオバトの鳴き声が。
(・・・・・・、私達はムギマキ狙い。今回は勘弁してやろう・・・。)(複雑なオヤジ心)


それにしても寒い。
夜明け前の冷たい雨のせいだ。


フィールドに入り程なく目当ての場所へ。

なんともう4名程がスタンばっている。(早っ!)

直ぐに左右にあるツルマサキの木を双眼鏡で様子見。

近くのほうの木には実が殆ど無い。
遠いほうの木には実がいっぱい。
私は遠いほうの木が唯一被らないで見通せる一等地にカメラ三脚を置く。

先に来られていた方で前日の情報を持っている方が。
この方のお話しだと前日は近いほうの木に頻繁にムギマキが現れたとのこと。
「こっちですよ。」と自信たっぷりに仰る。
ならばと、カメラ三脚をそちらに移動。

これが大失敗。
この日は近いほうの木にはムギマキは殆ど現れず。
遠いほうの木に頻繁に出てしまった。

遠いほうの木の一等地には
既に後から来られた方がしっかりと カメラ三脚を据えていて後の祭り。

止む無く手前の木々を被りながらの撮影となりました。


↓ 5D + Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF) + TC-301s
e0154134_22343738.jpg


↑ この画像はリサイズのみ。トリミングしていません。
如何に前被りの状況で撮影しているか判り易い。

↓ この画像は上の画像をトリミングしたものです。
e0154134_22371114.jpg



このムギマキは♀だと思って喜んで撮影していますが
帰ってから図鑑等で調べてみると
どうやら若♂のようです。

成鳥の♂はこちら
↓ 5D + Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF) + TC-301s
e0154134_22402641.jpg
e0154134_22412610.jpg
e0154134_22415785.jpg
e0154134_22424082.jpg
e0154134_22425582.jpg
e0154134_2243996.jpg




距離は30m以上。
ここからは近づくことができない。


↓ 5D + Ai Nikkor ED 400mm F3.5S(IF) + TC-301s
e0154134_22453115.jpg
e0154134_2246441.jpg
e0154134_2246544.jpg
e0154134_22471865.jpg



最後のが一番よいかなぁ。


次回はhanakoの分です。
[PR]
by ruddys | 2010-10-22 22:54 | ムギマキ