tarouとhanakoの鳥撮り生活


by ruddys

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ツバメチドリ




ツバメチドリが撮れるよ、との有難い情報を頂き
さっそく撮ってきました。(Kさん、(^人^)感謝♪)


↓ 50D+Reflex-Nikkor 1000㎜ F11
e0154134_7461235.jpg
e0154134_7463180.jpg



この時期はもう冬羽に変わっていますが
特徴である目からあごに向かって円を描いている黒線がなんとか写っていて良かった。

最初は5D+435+テレコンを用意したのですが
かなり遠く、すぐに50D+レフ1000㎜(換算1600㎜)に切り替えて撮影しましたが
それでもこのくらいの大きさです。

確かに横からみた姿はツバメにそっくりですね。
勿論、初見初撮りヾ(●⌒∇⌒●)ノ です。


↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-14Bs
e0154134_753588.jpg



しばらくすると
空を飛び始めましたので
機材を5D+435に変えて撮ってみました。

流石にツバメと名が付いているだけに結構、早く飛びます。
上の一枚はたまたま近くを飛んだのに偶然ピントが合ってしまったもの。
連写してましたがその前後は全てボケボケでした。

とくかくピントリングを回しシャッターを切ることが大事ですね。^^)


下は尾羽の形が良く判る画像。
やはり「ツバメ」チドリでしね。^^)
e0154134_804361.jpg

[PR]
by ruddys | 2010-08-27 07:02 | ツバメチドリ



以下、私の撮影分です。



↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + TC-301s
e0154134_9552336.jpg
e0154134_957378.jpg
e0154134_9575559.jpg
e0154134_9584561.jpg
e0154134_9592324.jpg
e0154134_10066.jpg
e0154134_1002991.jpg




一杯撮った割りには
ピンずれが多く大したものはありませんでした。




大変な人気の子ですが
無事に営巣育雛が終わって旅立って欲しいですね。


来季も又ここで出会えるのことを願って・・・。
[PR]
by ruddys | 2010-08-26 10:12 | アカショウビン



引き続きhanakoの分です。



↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下全て)
e0154134_9111117.jpg



今回の一番近い位置に止まってくれた分です。



7Dは購入当初、カメラ内のノイズ除去処理を標準にしていて
それがどうも塗絵的になってしまうのが気に入らず
以後、カメラ内ノイズ除去を「しない」に変更して使っていたのですが
ちょっと思うところがあって前回撮影時にノイズ処理を「標準」に戻し
今回もそのまま。

そのため
結構近くに止まってくれた赤い子ですが
いま一つ羽毛の状態が写っていません。
嘴のエナメル的質感も同様。
等倍で見て既にこれらの部分が潰れていますからどうしようもない。
やはりノイズ除去は「しない」にするのが良いようです。
hanakoには申し訳ないことをしました。


せっかく近くで長い時間止まってくれたのですが
「なにか芸をしてよ!」とか
「♀さん連れといで!」とか言う
バカオヤジが居て(私のことです)
赤い子もホント、大変です。



e0154134_9253499.jpg
e0154134_9263381.jpg

e0154134_9281049.jpg
e0154134_9342981.jpg



でもまあ、言ってみるもんですね。
「伸び」ポーズをサービスしてくれたのをhanakoがしっかりと撮っていました。




このあとは
ちょっと遠目の枝に止まって
e0154134_9302771.jpg
e0154134_930439.jpg



このときは
私ら夫婦の他、お二人のカメラマンの合計4人で撮影していたのですが
かなり飽きてきていて
最後の画像の枝に止まっていた赤い子をそのまま置き去りにし
全員撤収してしまったのでした。


「なんてもったいないことを!」と
赤い子を撮りたい人達からは怒られてしまうなぁ、と思いつつ
帰途へ。



次回は私の分ですが大した画像はありません。m( __ __ )m
[PR]
by ruddys | 2010-08-24 06:48 | アカショウビン



今季の赤い子は
初回遠征はなんとか撮る事ができたのだが
それ以降は完敗の3連続となっていた。

1ヶ月に2回のペースで行っているわけだから
ちょっと病気気味かもねぇ。
赤い子の放つ引力に「なにしてもいいのよ」と無抵抗で吸い寄せられていた私達でした。

流石に4回も行ってしまうと
一度だけでも撮れたのだから今季は1勝3敗でお終いにする、としていたのですが
そこになんと突然の関西行きが決定。

関西はいつもなら新幹線なのですが
よく考えてみるとこれを車にした場合、
混雑する東京を避け北関東→上信越→中央道→名神の迂回コースとなる。
(直線的な東京経由よりも距離的には多くなるが時間的にも料金的にも経済的なのだ。)

これは決定的だよなぁ。
この車での迂回コースだと赤い子の地の近くを掠めて通る訳ですからねぇ。
殆んど遠征費用無しに行けるようなものだし。( ̄m ̄ ふふふ)
(但し、運転がかなりのハードスケジュールになるけどね。)


という訳で
又しても赤い子の地へ行ってしまったその言い訳を
だらだらと書いていた訳です。m( __ __ )m




一生懸命頑張って関西での用件を1日早く片付け
そのまま眠い目をこすって運転してきたその結果は果たして?





↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下全て)
e0154134_11322877.jpg
e0154134_11324712.jpg




赤い子は育雛に入っていて巣穴周辺には近寄れず。
そのエリア外の予想外のところにあった餌場で
結果的には撮り放題となりました。
e0154134_11572841.jpg
e0154134_1158794.jpg
e0154134_11582420.jpg
e0154134_1222695.jpg



遊歩道からそれほど遠くない枝に止まり
まったりとしたり餌を獲ったり
獲った餌を巣穴に運んだ後程無く戻って来ての繰り返し。
枝から飛んでも遊歩道沿いを少しだけ。

そんなわけで
2時間以上、間断なく撮影できました。
e0154134_1144640.jpg
e0154134_11442999.jpg
e0154134_11451078.jpg
e0154134_11472024.jpg





残念だったのは二つほど。
餌場は暗く感度を上げざるを得ずそれなりの画像となったこと。
そして♀さんはここには現れなかったこと。




e0154134_11475231.jpg
e0154134_11523233.jpg
e0154134_11531635.jpg
e0154134_11545346.jpg




hanakoの画像は
次回も続きます。
[PR]
by ruddys | 2010-08-23 07:04 | アカショウビン

コアジサシ




前々回の記事のコアジサシの画像で私の分を。



↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF)
e0154134_1441598.jpg
e0154134_14421330.jpg
e0154134_14424720.jpg
e0154134_1443496.jpg
e0154134_1443204.jpg
e0154134_14465783.jpg
e0154134_14471523.jpg
e0154134_1447294.jpg
e0154134_14474389.jpg
e0154134_14475819.jpg



一応飛び物ってことになりますが
お気づきの方も多いでしょうがいずれも左から右に飛んでいるものばかり。

この地は向かって右から左に強い風が吹いていて
風に向かって飛ぶ場合、スピードは殆んどなく
ホバリングに近いものも多い。
なので「私にも撮れます」という状況です。
(右から左に飛んだものは早過ぎて全滅でした。)

更にレンズからはテレコンを外して更に撮り易くしているのです。
(5Dですから400㎜そのままで撮影したものを75%で切り取り。)


前回の記事のツルさんもそうなんですが
やはりテレコンを外して撮影した435はなかなか良いですね。

テレコンを付けて撮っている場合はカメラの画像処理のシャープ度をちょっと強めにしているのですが
素の435はもともと開放でもシャープなレンズなので
カメラの画像処理のシャープ度をキャンセルしておくべきでした。
ちょっとゴツゴツしたコアジサシになってしまっています。


背景が人工物なのは普通は嫌われるのでしょうが
私は野鳥が生きている環境をそのまま撮りたいのでむしろ嬉しいくらいです。




以下の画像は金網越しに撮影しているため
背景がクロスボケ?となっています。
これはこれで面白いですね。

e0154134_1512816.jpg
e0154134_1514334.jpg
e0154134_152921.jpg
e0154134_1522792.jpg
e0154134_1525069.jpg
e0154134_1531017.jpg
e0154134_1533293.jpg
e0154134_1535058.jpg

e0154134_1565349.jpg
e0154134_1571234.jpg
e0154134_1572334.jpg




もしかしたら
この後ちょっとお休みが長くなるかもしれません。

m( __ __ )mm( __ __ *)m
[PR]
by ruddys | 2010-08-15 15:13 | コアジサシ

ホオジロカンムリツル



いわゆる「篭脱け」の
日本には居るはずのない珍しいツルが
コアジサシの地から1時間ほどの地に居るよ、とのことで
会いに行ってきました。
m( __ __ )mm( __ __ *)m


↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF)
e0154134_5484217.jpg
e0154134_5511335.jpg
e0154134_5502739.jpg



美しい姿ですね。
ウガンダの国鳥とのこと。


地元の方達の温かい保護により
たった一羽ですが
元気に暮らしている。


e0154134_602351.jpg
e0154134_604288.jpg



↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako
e0154134_631389.jpg
e0154134_631577.jpg
e0154134_6594744.jpg



いろいろと考えさせられますが
日本の里山の風景に馴染んでいるその姿を見て
ほっとさせられました。


(君がこの地で生きたという記録に・・・。)
























飛び物を最後に一枚追加したついでにこっそりと
e0154134_73256.jpg




^^)/
[PR]
by ruddys | 2010-08-12 06:48 | ホオジロカンムリツル



飛び物中心に。


↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下、全て)
e0154134_10453632.jpg
e0154134_10455720.jpg
e0154134_10461054.jpg




e0154134_10465222.jpg
e0154134_1047720.jpg




e0154134_10484196.jpg
e0154134_10485459.jpg
e0154134_1049929.jpg



又、行ってこようっと。^^)/


m( __ __ )mm( __ __*)m
[PR]
by ruddys | 2010-08-10 10:51 | コアジサシ



いやもう、何もいえません・・・。^^


↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下、全て)
e0154134_10145334.jpg
e0154134_1015814.jpg
e0154134_10152116.jpg
e0154134_10153557.jpg




e0154134_10215484.jpg
e0154134_1022876.jpg
e0154134_10222292.jpg




e0154134_10235361.jpg
e0154134_1024943.jpg
e0154134_10263698.jpg




この場所は金網で仕切られていて
コアジサシにとっては安心な営巣地となっていますが
民間の所有地とのことで
いつかは建物が建てられてしまうのでしょう。

その場合、工事は秋口から始まることを心から祈ります。〔†〕 m( ̄0  ̄〃) タノム!!
[PR]
by ruddys | 2010-08-10 10:43 | コアジサシ


野山の小鳥中心に撮影しているため
水辺の鳥さんにはなかなか出会えていないのですが

「コアジサシのコロニーがあるよ。」、との有り難い情報を頂き
さっそく行ってきました。(Kさん、本当にありがとうございました。)

コアジサシの飛び物とか雛達の可愛い画像をネット上で見るにつけ
是非一度は撮ってみたいものだと思っていましたが
ようやくその思いが叶って (..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)ウレシーーー!!


とにかく可愛くて、可愛くて。^^)/


↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako(以下、全て)
e0154134_8591457.jpg
e0154134_8592979.jpg
e0154134_8594475.jpg
e0154134_9025.jpg


親鳥の鳴き声が判るのでしょうか
近付いてくると盛んに餌をねだっています。


親鳥が餌を運んできて
e0154134_991183.jpg
e0154134_935440.jpg
e0154134_94822.jpg
e0154134_942146.jpg
e0154134_943976.jpg
e0154134_95569.jpg


餌を貰った雛の「ムフフッ」って顔がたまりません。^^)
[PR]
by ruddys | 2010-08-10 09:11 | コアジサシ

クロツグミ




私 : 「何処へ行こうか? 何撮りたい? こんなに暑いと奥日光しかないか・・・。」

hanako : 「ノビちゃんもいいけど・・・、クロツグミ撮りた~い。あぁ、私には縁の無いクロちゃん・・・。」



クロツグミは
私達の夏鳥のフィールドである県北の森の渓谷に普通に居るのだが
どういうわけかこの6年まともに撮れたことが無い。
特にhanakoは悲惨。
ただの一枚も撮ったことが無い。姿すら見たことが無いのです。


そろそろなんとか撮らせてやりたいものだと
その渓谷へ早朝から行ってみました。

渓谷に入ると湿度がもの凄い。
あっと言う間に衣類と機材が湿ってしまった。

あ~ぁ、ヤダヤダ。
こんな状況だと直ぐに私の気持ちは萎えてしまって
いつもならさっさと逃げ帰ってしまうのですが
我慢して下流側に歩を進めているわけは
クロツグミの囀りが向かう先から聞こえてくるから。


じわじわ進んでなんとか囀っている木の近く迄来たのですが
これからが大変。
姿を見つけようと懸命に捜すもなかなか見つけられない。(;´Д`A ```

漸くちょっとだけ動いてくれた姿を見止めて

↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + シグマAPOテレコン2×
e0154134_6492572.jpg
e0154134_6493595.jpg



これでは見つけ難いはずだよなぁ。
暗い森に黒い鳥・・・。


hanakoは私から少し離れて撮影していたのですが
画像を確認して見ると
撮っていたのはオオルリの巣立ち直後と思われる幼鳥。

本人はクロツグミと思って撮っていたようですが
確かに似ている。
特に幼鳥は腹に斑模様があるので見間違うのも無理はない。
(やはり、hanakoには縁が無い鳥なのかなぁ。)


一旦このクロツグミは姿を消したのですが
きっと又戻ってくるはずと
暫くこの場で待機することに。


30分ほどしたら
囀りが遠くから近付いてきて

↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + シグマAPOテレコン2×
e0154134_742154.jpg
e0154134_74312.jpg
e0154134_744131.jpg



このときは自分の撮影よりも
すぐ後ろで撮影しているhanakoのほうが気がかり。

私 : 「おいっ、撮っているか? 枝被ってないか。大丈夫か?」


そのhanakoの分

↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako
e0154134_7105290.jpg



私がうるさかったせいか、初撮りであせっていたのか
その撮影分のほとんが後ピンのピンボケ。

でもまあ、なんとか撮れたので良かった。


ここで小休止。
hanakoは車中に待たせている老犬の様子を見るために
一旦駐車場に戻ることに。

hanako : 「カメラ三脚置いていっていい?」

私 : 「いや、途中でクロツグミに出くわすかもしれないから持っていったほうがいい。」


hanakoがカメラを担いで戻っていったその直後
hanakoの向かった方向からクロツグミの囀りが聞こえ
そちらを注視していると飛んできた!

そして私の真向かいの枝に止まった!

↓ 5D + Ai Nikkor ED 400㎜ F3.5s (IF) + シグマAPOテレコン2×
e0154134_7203025.jpg
e0154134_721472.jpg
e0154134_7213046.jpg



マズイッ、これは絶対にマズイ。
hanakoが戻って来たら何と言われるか・・・。( ̄‥ ̄;) ヤ、ヤバイ・・
(フ~ン、私に犬を見にやらせて自分だけ撮っているんだぁ・・・。(▼O▼メ)


暫くしてhanakoが戻ってきて

私 : 「どうだった?クロツグミに出会えたか?」

hanako : 「(ニヤッ)ムフフ・・・、なんとかね。」


(ホッ、)さっそく画像を確認すると

↓ 7D + EF400mmF5.6L USM by hanako
e0154134_7341389.jpg
e0154134_7342674.jpg
e0154134_7343922.jpg
e0154134_7345470.jpg



私 : 「おおっ、こういう苔むした石に止まっているクロツグミを撮りたいんだよなぁ。良く撮ったなぁ。」(ヨイショ)

hanako : 「でもすぐ動くから証拠写真程度だよ。お父さんどうだった。」

私 : 「うっ、うん。こっちにもなんとか来てくれてさぁ・・・。」(画像を見せると)

hanako : 「おおっ、良いとこに止まってくれたんだ。良かったねぇ。」


というわけでなんとか(´▽`) ホッ。


大変疲れてしまったクロツグミ撮りでした。
[PR]
by ruddys | 2010-08-08 07:47 | クロツグミ